湯河原 新崎川・中尾沢 柱状節理の滝へ
2013年 05月 28日
皆様お疲れ様でございます。梅雨入り前の暑い時期、如何お過ごしでしょうか。
私は湯河原新崎川という川にあります「柱状節理の滝」と呼称されている滝を見に行きました。

まず、柱状節理とはなんぞや。という事ですが・・・

柱状節理・・・岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状のものもある。玄武岩質の岩石によく見られ、マグマの冷却面と垂直に発達する。
(出展:Wikipedia 節理 

とのこと。滝を形成する岩盤が上記のような形をしているわけです。それを目指すために、川の中を歩き、沢を遡ったと言うことです。


ヤマレコにはルート等を載せましたので、是非御覧ください。
湯河原 新崎川・中尾沢 柱状節理の滝へ [山行記録] - ヤマレコ


幕山公園というところまで車で行き、行動開始は9:00。



d0240609_22272197.jpg



InstaWeatherというカメラアプリで撮りました。撮影場所のGPS情報から、気温や風速、湿度などの情報を取り入れてくれるアプリです。
靴は釣り用のフェルト靴。



d0240609_22302779.jpg




沢!IN!




d0240609_2231488.jpg



ぱしゃり。この場所でまずカメラを出しました。
小さな流れ込みの脇にひっそりと苔の生えた石が魅力的。
一眼で撮るとどうなるか・・・
↓ こうなります。




d0240609_22315843.jpg

CanonEOS50D+EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:1.3s Av:22




この日は沢登りの人にも釣り人にも合わず、しかも一人での遡行だったのでなんだか寂しかったですw
大きな岩の上でのんびりしてみましたが・・・やっぱり誰も遡行してきたりしませんw



d0240609_22361035.jpg




完全マイペースになれるからいいか!と開き直り。



d0240609_22372035.jpg




撮影風景。

どんどん撮ります。
↓ こんな感じになりました。





d0240609_2237483.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:0.8s Av:20





1箇所での撮影に掛ける時間はおおよそ30分ほどなので、なかなか前に進みません。



ゴルジュも出てきます。



d0240609_22401714.jpg



このゴルジュ帯を抜けたところに綺麗な滝が!




d0240609_22404027.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:15s Av:22





d0240609_22415017.jpg

CanonEOS50D+EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:1/250s Av:1.8





d0240609_22425487.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:1/5s Av:4.0





結論から言いますと、柱状節理の滝にたどり着けませんでした!!


単独での遡行+初めての沢だったため、撤退時間を13時と、早めに設定。
また、魅力的なロケーションが多く、思ったよりも前進できませんでした。

今回はロケハンも兼ねて、沢の様子見ということにして、本命:柱状節理の滝はまたの機会に持ち越します。
6月の中旬までには行けたらいいな。絶対リベンジするぞー。

この沢はヒルにも食われなかったし、ブヨ等も気になりませんでした。虫はクロアゲハとイトトンボ、ガガンボ、カゲロウ数種類、アサギマダラが目立ちました。豊富な生態数です。滝や沢の様相のみならず、沢に暮らす生き物も非常に美しいので是非足を運んでみてください。
もちろん、滑る箇所もありますので、沢登りの装備は忘れずに。

安全第一で自然に楽しませてもらいましょう!これからの時期も楽しみ!
[PR]
# by nyocotan | 2013-05-28 22:56 | 撮影のこと。 | Comments(0)