<   2013年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2013年8月 ペルセウス座流星群@伊豆にて。
2013年 08月 15日

8月13日、仕事から帰り、インターネットをしているとこんな記事が目に入った。

「ペルセウス座流星群 13日深夜 ピークに。」

うおおおい。明日仕事じゃねーかよ。けど見たいよ!
ということで、14日はウズウズしながら出勤し、15日はお休を頂いた。

ピークを過ぎた14日の深夜(日付的には15日)、カメラ片手に家を出た。



場所は 伊豆 達磨山付近


西伊豆スカイラインには路肩の駐車場スペースが多く、走行車の邪魔にならずに写真を撮ることが出来る。
到着時刻は2:30。夜明けまで写真を撮る予定。





d0240609_18524462.jpg

Canon EOS50D+EF28mm f/1.8
ISO:640 Tv:30s Av:1.8

北西の空







d0240609_18363082.jpg

Canon EOS50D+EF28mm f/1.8
ISO:1250 Tv:14s Av:1.8

天の川







d0240609_18373787.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:1250 Tv:22s Av:2.8

左端にやっと流れ星写り混んだ!

ピークを過ぎて尚、流星は結構見られる。5~10分に1度といったところか。
ただ、問題があり、ペルセウス座の位置がわかっていなかった(汗)








d0240609_18525968.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:160 Tv:572s(約10分) Av:2.8

偶然写った北極星。ただ、位置が悪い。








d0240609_18532216.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:100 Tv:1781s(約30分) Av:5.0

車の窓から手を伸ばし、レリーズスイッチを押し、30分寝て撮った写真。
流石に眠かった。
もうちょっと構図に余裕があれば!・・・悔しいがこれも一興と思うことにする。



4:00 明るくなってきたので、撤退。




流星はあまりカメラに収められなかったものの、割と家から近場でこんなにも星を楽しめるんだなぁ。と感動。
また、西伊豆スカイラインは「道」自体がとても良く、自転車もさぞかし気持ち良いであろう。これからもお世話になりそうなスポットである。

夜景や天体の写真はあまり経験が無いが、今後はもっと下調べをしてリベンジしようと思う。
赤道儀?買っちゃう~?



これで僕のお盆休みは終わり。有意義だ!
[PR]
by nyocotan | 2013-08-15 18:55 | 撮影のこと。 | Comments(0)
北岳登山(2013/8/3-4)Part2
2013年 08月 07日
北岳登山(2013/8/3-4)Part1 からお越しになった方、ありがとうございます。まだの方はお先にどうぞPart1をお読みください。

こちらは2日目の記事です。


北岳山荘に泊まり、起床時間が朝3時半。
こんなにも風のない登山は初めてだと思うほどにいいコンディションの天気でした。
朝日が出る前にしか撮れない写真がある!






d0240609_20174316.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:320 Tv:21s Av:2.2





d0240609_20204246.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:320 Tv:19s Av:2.2


遠方にそびえる富士山とオリオン座はとても神秘的な風景を演出していました。瞬きするものもったいない程。





d0240609_20223181.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:100 Tv:1/80 Av:2.5



雲海が広がる。そろそろ夜が明けます。






d0240609_20242174.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:100 Tv:1/13 Av:22


池山吊尾根からご来光。






d0240609_20261583.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:100 Tv:1/13 Av:8.0 +1/3



間ノ岳方面のモルゲンロート。朝日に染まりゆく山々は本当に綺麗です。秒単位で様相を替える山はまるで生き物みたいです。



明け方からモルゲンロートに染まるまで、じっくりと写真撮影を堪能し、北岳山荘を出発。目指すは北岳のピークです。






d0240609_20283463.jpg

Canon50D+EF28mm F1.8
ISO:100 Tv:1/250 Av:5.6 



先程までいた北岳山荘が小さく見えます。ホントに美しい山です。






d0240609_2030764.jpg

6:30  3193m 登頂。




土曜日ということもあり、山頂はとても混んでいました。朝食は北岳肩ノ小屋で作ることに。
目指します。




d0240609_20334224.jpg




北岳肩の小屋と甲斐駒ヶ岳。
360°どこを見ても展望が素晴らしいです。



d0240609_20342822.jpg




到着。朝ごはん休憩。レトルトって本当に便利!



d0240609_20351726.jpg




遠くには鳳凰三山が見えます。オベリスクも相変わらず聳えてます。



下りは小太郎尾根分岐→右俣コース→二俣→大樺沢ルート→広河原です。



d0240609_2037463.jpg





d0240609_20371158.jpg





沢の横を下っていく涼しいコース。
往復路とも総て違うルートで進行したので、道に飽きることなく楽しめました。

夏休みの最初の土日でどうなるかと思いましたが、景色も見えて雨も降らず、非常に有意義な山行でした。下山した瞬間から「また行きたい!」と思える山です。



おまけ。ルート。



d0240609_20402116.jpg





Googleすげー!



ヤマレコ : http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-330070.html


ご覧頂き、ありがとうございました!
[PR]
by nyocotan | 2013-08-07 20:41 | 登山のこと。 | Comments(0)
北岳登山(2013/8/3-4)Part1
2013年 08月 07日
世間では夏休みの最初の土日。激混みなのを承知で遊びに行きました。

北岳。3193m


ヤマレコにルート等載せておきましたので、ご参考にどうぞ。

憧れの北岳 (無雪期ピークハント/縦走 / 甲斐駒・北岳)


広河原には昨年、フライフィッシングに行きましたので、1年ぶりにこの地を踏んだことになります。
(参考までにどうぞ→野呂川・北沢フライフィッシング (早川水系野呂川北沢支流) 前半
今回はこの地から登山。目指すは富士山の次に高い山

それでは、写真にてご紹介しましょう。



d0240609_19563995.jpg

高度:1520m

広河原山荘。ここまではバスで行けます。




d0240609_19572426.jpg





d0240609_19573470.jpg

高度:2030m


白根御池小屋。ソフトクリームが売っていて、誘惑に負けます。確実に負けます。




d0240609_200484.jpg





白根御池小屋から小太郎尾根の分岐へ上がる、草すべりルート。斜度があり、苦労します。
私は草すべりルートではなく、二俣へ。


d0240609_2021216.jpg

高度:2500m位



二俣~八本歯ノコル 左俣ルートだと、雪渓登りも楽しめます。涼しいですよ。




d0240609_2025658.jpg

高度:2800m程



八本歯ノコルに出てからはガスが目立ってきました。



d0240609_2032668.jpg





d0240609_203325.jpg





d0240609_2033750.jpg




黒いかたつむり!色素が白いアルビノという個体は知っておりましたが、その逆の「メラニズム」かなぁ。と思いましたが、帰宅して調べたら黒いかたつむりは割りと居るようです。驚いた。


八本歯ノコルから北岳山荘は高度感もあり、気持ち良いルートです。



d0240609_2053035.jpg




d0240609_2053666.jpg




高山植物のお花畑も綺麗。


北岳山荘に着いたのは16:15。早いペースではありませんが、怪我もなく幕営地まで行けたので良かったです。
酒盛りをし、明日のピークハントに備えて早めに就寝。


そしてメインの2日目はこちら

[PR]
by nyocotan | 2013-08-07 00:07 | 登山のこと。 | Comments(0)