<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part2
2013年 01月 04日
鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part1 からお越しいただいた方、ありがとうございます。まだの方は先にどうぞ!
参考までに今回のルート全貌

d0240609_17111825.jpg





さて、塔ノ岳に登頂し、写真を撮ります。


d0240609_16261814.jpg




d0240609_16262941.jpg




d0240609_16263456.jpg




東も南の方面もくっきり。写真じゃわからないと思いますが、東京タワーやスカイツリーも見えます。
塔ノ岳山頂はかなり広く、正月期間にも関わらず混雑しておりました。初日の出を見に登山や夜景を撮りに登るのもいいかもしれません。
実は今回登った経緯は、雪の上を歩きたくて決行したのですが、丹沢ではまだまだ雪の気配はなかったです・・・厳冬期にでもまた来ます。

時間も余裕だったので丹沢山までピストン。


d0240609_16295724.jpg




立派な雄鹿。角かっこいいですね!


d0240609_163024100.jpg




塔ノ岳~丹沢山への稜線から。富士山はやはり雄大です。どの山から見てもすぐわかります。私はまだ登ったことありませんが;;



d0240609_16315075.jpg




丹沢山ヘ向かう道は北斜面なので、落ちた枝が結晶を携えて凍っておりました。



d0240609_16325548.jpg




丹沢山 11:10着
小腹が空いたので、昼飯の用意。
今回も尾西のわかめご飯と、叉焼です。あとはチーズやらおつまみ系のものをのんびり食べる。
目当ての三山を無事に登頂。気温は氷点下でしたが、そこまで寒い感じではありません。参考までに。

靴:MERRELL Chameleon WRAP MID GORE-TEX(登山にはおすすめしません!w)
靴下:登山用1枚
タイツ:CW-X + ユニクロのヒートテック
パンツ:ミレー立体パンツ(夏用)
ベース:CW-X
ミドル:ユニクロ マイクロフリース
ソフトシェル:HAGLOFS LIZARD TOP
ハードシェル:THE NORTH FACE Kichatna Jacket(今回はザックから出ませんでした)

ユニクロはホント安くていいもの作りますね!w

正月休みも今日で終わり、道路は確実に混むのでさっさと下山します。
金冷しまで戻り、そこから堀山の家分岐→二俣へいくルートです。
金冷し~堀山の家は階段ばかりで嫌になりますねwバカ尾根(大倉尾根)の延長ですw

そして堀山の家着。

ここから注意してください!
特に、丹沢へ登山計画を立てる為にこのブログ記事へたどり着いた方!(いるかわかりませんが;;)


d0240609_1713868.jpg



まず、堀山の家には「大倉」と書かれた道標しかありません。下山路で大倉尾根方面に行くには堀山の家から左へ(東へ)行く道へ行きますが、二俣へ抜けるには直進(南へ)進みます。

地図、水色でマッピングしたルートの様子

d0240609_1744399.jpg



ご覧のとおり、かなりルートハンティングに苦労します。あまり使われない道なのか、地面が柔らかいところもあります。木の根もループ状になってるものも多く、転倒に注意。


d0240609_176788.jpg




道中にはルート目印となる赤テープがなく、切り株に石が置かれていました。おそらく親切な人がおいて行ってくれているものなのでしょう。私も数回ルートミスをしました。
登山歴10年未満の未熟な私ですが、このルートは危ない。と感じます。
今回はソロでの山行のため、十分注意して歩きましたが油断したら迷います。


d0240609_1784590.jpg




何が一番危ないと思ったかというと、上の地図を見ていただくと、濃いピンクのマッピングと薄いピンクのマッピング、この分岐です。
地図をよく見ると、南方面へ今まで降って来た尾根の分岐があります。
二俣方面へ降りるには西南へ降りるのです。もちろん、きちんとした道標はありません。


一応、分岐の看板はありますが、心もとない。おそらく有志によるものでしょう。


d0240609_17133480.jpg




この看板も・・・



d0240609_17134674.jpg




こんな感じで存在します。

もう一度言います。このルートを使う方は、十分気をつけてください。
特に下りで使う方!
私自身、この看板がなかったら迷っていたかもしれません;;
地図は大事です。山と高原地図から出ている山岳地図を持って登る方がほとんどだと思います。非常に便利な地図です。しかし、ルートの所要時間や記号がたくさんあり、地形を見るにはさほど有効な地図でないということを思っていたほうがいい・・・
やはり山と高原地図と2万5000分の1地形図の併用が一番だと思います。


怪我や遭難は命取りです。2013年も安全に登山を楽しんで行きましょう!
今年も宜しくお願いします!


d0240609_1738487.jpg





鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part1まだお読みになっていない方、どうぞ)
[PR]
by nyocotan | 2013-01-04 17:43 | 登山のこと。
鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part1 (2013/1/3)
2013年 01月 04日
旧年中は格別なご高配を賜り、まことに有難く厚く御礼申し上げます。
本年も宜しくお願い致します。
・・・と、去年の新年初ブログもこの書き出しでした。よろしくお願いします。

さて、新年も明けたことですし、とりあえず百名山でも行っておきますか。と思い立ち、タイトルの通り。



d0240609_15501861.jpg



ちょいと小さくて見づらいかもしれませんが;;
県民の森に車を止めて、鍋割山→塔ノ岳→丹沢山(ピストン)→金冷し(分岐)→堀山の家→二俣というルート。
5時半に県民の森着、6時に入山しようと思っていたので、カメラを出す。


d0240609_1611773.jpg




6時になったので入山。今日の荷物は三脚もあり、15kg。日帰り登山にしてはかさばります。

二俣への道中にて。


d0240609_1671588.jpg




素晴ーらしーい朝が来たー!希望ーのあさーだ!


二俣にて。


d0240609_1674837.jpg




鍋割山荘へ水を運ぶボランティア会場はここです。
私も2本ほどザックに詰めて登り始めます。


d0240609_1693721.jpg




道の真中に鳥の巣が落ちている。脇に寄せたほうがいいのか・・・どうしよう。けど鳥のものだし人間は触らないようにしよう。という謎思考になり、放置。


d0240609_16104029.jpg




霜も元気。
そんなこんなで8:15 鍋割山登頂


d0240609_16113967.jpg




鍋割山荘の方へ挨拶。
「二俣から来ましたー。水です!あと、うどん一つ!」


d0240609_16122186.jpg




ででーん!鍋割山荘名物、鍋焼きうどん!これで1000円!言っちゃあれだが、高い!!
しかし冬の山荘で食べるうどんは温まります。美味い。


d0240609_1613217.jpg



鍋割山から観た相模湾。伊豆半島。も見えますね。



d0240609_16142697.jpg




西の方角もくっきり!!
40分程ゆっくりし、塔ノ岳を目指す。


d0240609_16154476.jpg




名物、鹿のお出まし。親子2ペアいました。


d0240609_1616826.jpg




塔ノ岳までもうちょっと!



d0240609_16164527.jpg




丹沢山方面もいい天気です。



d0240609_1617224.jpg




塔ノ岳 9:55着


おっと!写真のアップロードは15枚までデス!って表示されたので後半へ続く。

鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part2
[PR]
by nyocotan | 2013-01-04 16:22 | 登山のこと。