<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大晦日。
2011年 12月 31日
先日のブログ更新で自転車乗り納めかと思われましたが、31日が夜勤明けだったため、走り納めとしてポタリングしてきました。
そう、最初はポタリングの筈だったんですが・・・


あれ、何故か246に居るぞ?

しかも・・・

補給食も買ってるぞ?!

・・・そうです。大晦日はヤビツアタックに決まりました。


といっても、職場から直接来たので、ボトルゲージも無いし、荷物は持っているし・・・といった、攻めの格好ではないのです。
されど、そんな事は言い訳にならぬ。前回よりも良いタイムを出すことに専念しよう。


ということで、足を温存しながら名古木交差点に向かう。
今日はローディーの方と何人もすれ違う。抜かれたら嫌だな。

着・名古木交差点。
アウターを1枚脱ぎ、ストップウォッチを押す。
一つ大きく鼻で呼吸をし、リズムをとりながら回します。
2つの信号は引っかからぬように、様子を見ながら徐行して青に変わるタイミングを見ながら進みます。
すると、前方に1人、ローディー!
美しいペタリング、軽いギアで高ケイデンスをキープしています。

・・・実は、私、この軽いギアで高ケイデンスをキープする走り方(きっとセオリーなんでしょうが。)が物凄く苦手なんです;;
疲れるばかりであまり進んだ感じがしない・・・私にとっては辛い走り方なんです。
私が好きな走り方は、シッティングではギアを少し重めにしてテンポよくグワッグワッと漕ぐ+辛くなったらギアを2,3段軽くしてダンシング。これの繰り返しです。
けど、恐らく私が筋力不足なので高ケイデンスで走れないのでしょう。理想は、重いギアで高ケイデンスをキープすること。


今日のヤビツの目標は45分以内、シッティング重視。
結局、今日ヤビツでダンシングしたのは最後の700mを"にわか"スプリントした時のみw


先ほどの"美ペタローディー様"を追い抜かさせて頂き、頂上を目指します。
今回が2回目なので、コースはなんとなくですが頭に入っています。前回に比べるとコースを知らないという精神的なダメージが来ることは無かったので、ペース配分+リズム取りは上手く行ったかと思います。
しかし・・・コースを知っている分、前みたいに最初から回せなくなった・・・
これはデカイです。無茶が出来ないのです;;回したいのは山々ですが、ストップウォッチの経過時間と、走行距離から自制心が働いてしまうのです。悔しい。

そんなこんなで無事に登頂。



d0240609_18413010.jpg




タイムは・・・48分41秒 14.4km/h 


d0240609_1842420.jpg



前回は50分ちょっとだったので、今回は2分の記録更新ですが、目標の45分には届かず。
まだまだ修行が足りませんね。


何人かのローディー(あと、巡回のパトカーも居たw)とすれ違い、ダウンヒル。
前回よりも綺麗に乗れてると感じたのはこのダウンヒル!体重移動と姿勢に熟れてきたのかもしれません!ちょっと嬉しかった。
途中、展望台で街を見下ろす。


d0240609_18475114.jpg



そして、腹がへったので、味噌の金子へ。


d0240609_184839.jpg



以前、親父に「この辺で美味いのは味噌の金子かなぁ」と聞いていたので、期待値は大。
されど・・・親父とはラーメンの好みは全く違うようですww


d0240609_1849875.jpg




写真は「味噌・金 肉盛り」
まぁ普通の味噌ラーメンでしたわ。ちょっと辛いのが売りらしい。
これだったら・・・味噌系で言ったら、町田の「ど・みそ」か相模大野の「おやじ」の方が美味いかも。
肉そぼろ入の味噌ならもっと美味かったかもしれません。チャーシューも薄くて味の染み具合も微妙。
もしかしたら「味噌・金」ではないメニューが美味しいのかも。そんな事を思いながら帰路を進みます。

夜勤明けで自転車なんてへっちゃら。なんて思っていましたが、実は帰路・伊勢原市役所前あたりでめちゃくちゃな眠気に襲われるw信号待ちは目を開けてられないし、巡行25km/hで必死w睡眠時間と体の運動範囲は関係していることを実感しました。

・・・いつまでも若いと思うなよ!にょこよ!!

来年も良い年になりますように。皆様の健康と無事故をお祈り申し上げます。
Have a nice cycling day!!


本日の 走行距離:81.2km  速度:職場~名古木24.3km/h 名古木~ヤビツ峠14.4km/h 名古木~自宅21.1km/h 平均速度:22.7km/h 
[PR]
by nyocotan | 2011-12-31 19:02 | 自転車のこと。
冬支度。自作シューズカバー!
2011年 12月 27日
皆様、お忙しい年末をいかがお過ごしでしょうか。
私は年末年始の休みがほぼありませんで、ゲンナリしております。
しかしながら、給料のためだけに頑張ります。モチベーションもやりがいも何も・・・おっと!愚痴を散らかす日記になってしまいそうなのでこのへんでw


本日は年末の最後のお休みということもあり、午前に自転車のお掃除を致しました^^
スプロケット、チェーンのオイル落としから車体の洗浄、グリスアップ、注油まで。素人が出来るひと通りのお掃除をしたつもりです。
そして、チェーンにミッシングリングを装着しました。これで次回からのお掃除も楽ちんですね!



d0240609_2122267.jpg




d0240609_21234263.jpg




午後は自転車乗りの友人が遊びに来たので、そのままポタリング。
先日の和田峠でつま先の冷えに懲りたため、シューズカバーの購入を検討。
しかし、いろんなレビューを見ても「すぐ破ける。」「数回は使えました!」ばかり。
消耗品にそんな金かけてられない・・・どうしましょう。

と言っても、こいつはあります。



d0240609_21265297.jpg




しかし、こいつじゃ早朝アタックは心細い。トゥカバーの上からでも履けるネオプレーン素材のシューズカバーを手に入れる事が前提です。



・・・いろいろ経緯は省きますが、ありました。理想の品!



d0240609_2129538.jpg




ほら!暖かそうでしょう?

しかも、安いのです!

¥1,290ナリ!
ホントはもっと安いのかと思っていましたが、素材が素材なので、仕方ありません。ネオプレーン。



d0240609_21314215.jpg





そう。どこで買ったかというと・・・ワークマン!

働く男の味方、ワークマン!

吉幾三と角田信朗、ワークマン!


ワークマンって、僕らの生活のコト、本当に想ってくれてるんですね^p^




そうです。ネオプレーン素材で出来た靴下にクリート穴を開けて、シューズカバーを自作します。



素足で履くとこの程度余っています。


d0240609_21365310.jpg




ネオプレーン靴下のサイズはLL。ビンディングシューズのサイズは26cmでございます。
さて、作業にとりかかりましょう。



①シューズの上からネオプレーン靴下を履きます。

d0240609_21385313.jpg




②クリート部分に赤鉛筆で印をつけ、切り取る箇所を分かりやすくします。



③ネオプレーン靴下を脱ぎ、印をつけた箇所よりも一回り小さく切り取ります。

d0240609_21415721.jpg





以上!自作シューズカバーの完成!




d0240609_21425715.jpg




かかと部分は別に出す必要が無いと感じ、切り取りませんでした。
素材の特徴として、少しは収縮が効くので、クリート部分よりやや小さめに切り取るのが吉だと思います。大きく開け過ぎてガバガバになったら元も子もありません。
尚、トゥ側のクリート部分にネオプレーン素材がかかると、着脱に支障を来すと思うので、つま先部分は取り扱い注意ですね。



足の様子。


d0240609_21471273.jpg



足首が緩い+ベルクロ加工するのもめんどくさいので、レースジャージの裾の中にシューズカバーを入れ込むのがカッコイイ(?)かと思われますw


勿論、そのまま少しポタリングへ。
クリートの着脱は全く問題なし。長距離を走ってみてどう変わって行くかですね。
また、肝心の防寒性能ですが、全く寒くないwwむしろ、蒸れます。ややデメリットかもしれませんが、冷えるよりましです。
また、かかと部分を切り取らなかった事により、足を地面についた時の感触がソフトにwそして、ビンディングシューズの裏、カーボン部分への傷付き防止にも「全覆い型」のカバーは一役買ってくれています。


しかしながら、あからさまなデメリットが・・・

装着しにくい!脱ぎにくい!

シューズカバーの製品はアキレス腱部分にファスナーが付いており、すっぽり着脱簡単!な感じですが、この自作カバーの装着はご想像の通り、難儀です。

まるでコンドームを装着するかのように、トゥ側からくるくる巻いて装着しないと無理ですw
穴部分の補強も特にやろうとは思っていないので、どこからかちぎれていくことでしょう。


まぁこれが良くも悪くも1290円の自作シューズカバーです。
シューズカバー購入検討の方、試してみるのも面白いかと思いますよ^^

私の自転車冬支度はこれでおしまい。



結構揃って来ましたね。


d0240609_21572210.jpg




ネックウォーマーもあるので、冬は路面凍結が一番の恐怖になりそうです。
お互いに事故には気をつけて走って行きましょう!

それでは、良いお年を!
[PR]
by nyocotan | 2011-12-27 22:09 | 自転車のこと。
死闘・和田峠デビュー!
2011年 12月 22日
行き先を前もって決めないと、ツーリング自体の行く気がなくなってしまう。
そんな思考に陥るこの寒い時期、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

早く暖かくなってほしいですね。
さて、お仕事もお休みということで(その代わり、カレンダーの3連休は全出勤)100kmちょっとのサイクリングでもしようかな。と思い至ったわけです。
当初は相模湖でも行ってみるか!という感じだったのですが、もうちょっと足を伸ばせば激坂で有名な和田峠もアタックできる・・・

ということで、タイトルの通りになりました。


まずは、今回のルートをば。


こちらです。



いつもは、グーグルマップを色付けし、なんともめんどくさい作業をしていたのですが、ルートラボという便利なサイトを見つけたので、そちらの地図を引用致します。YahooIDがあれば誰でもルートを書き、オンライン上に保存できるという何とも優れもの!

今回はあえてR16を外して高尾方面に向かいます。


まぁなんと寒いこと寒いこと!


上半身・下半身はまぁそれほど寒くないのですが、つま先が凍傷になるのを恐れるくらい寒い。
皆さん、シューズカバーをしてるんですかね。ええ、私はありませぬ。
次に買わなきゃいけないものに早速チェック。

ちなみに、服の装備をざっと紹介。
上衣:CW-Xの厚手肌着+ユニクロのマイクロフリース+裏起毛長袖レースジャージ
下衣:パールイズミのレッグウォーマー+裏起毛長袖レーパン+厚手の靴下
手:登山用インナーグローブ+薄手の登山用グローブ
頭:耳まで隠れるスポーツビーニー+ヘルメット
こんな感じです。ネックウォーマーも必要かもしれませんね。まぁ何よりもシューズカバーでしょう。ネオプレーン素材のものが一番信頼できますかね。いろいろとまた調べてみます。

さてさて、サイクリングの話に戻って、ズンズン和田峠を目指します。



d0240609_20555469.jpg





おおー!八王子!こえたー!




d0240609_20562226.jpg






d0240609_2132296.jpg





グローブを外すのが億劫で、iPhoneのカメラはあまり使えずw
無精で申し訳ない。iPhoneを触れるように指先が加工してあるグローブでも買いましょうかね。
上記写真は、陣馬街道(R521)にある農協?です。
地図上では「夕焼け小焼けふれあいの里」という名前で載っています。
自販機や喫煙所、トイレが完備されており、ツーリングに来る人にはきっと有名な場所なんだろうって感じ。つま先の寒さもあり、私もここで小休止。
ビンディングシューズを脱ぎ、つま先をこれでもかって位揉みほぐします。
けどね・・・全然回復しないのwwww
まだ和田峠到着してないのに、「温泉+輪行かぁ。悪くないなぁ。」なんて考えが頭をよぎります。


・・・駄目だ!自分に負けるな!




d0240609_2142027.jpg





オロナミンCを一気に飲み干し、和田峠に向かいます。

ふれあいの里からすぐのところに「陣馬街道」の看板が。
きっとここからTTなんだろう・・・と思い、ストップウォッチを押します。

では・・・スタート!



うおおおおぉぉぉぉおぉぉ!!!!!!回せ回せ回せ!!!!!



・・・スタートダッシュかけると思った?残念。今回はのんびり行きますw

最初の1kmはゆるーい登りで、最後の3.5kmが激坂。とのこと。
緩い坂で体力を使うわけには行きません。

途中、まだまだ民家があります。あと、猫がいっぱい居た。

バス停もまだあり山道はまだ先の様子。

※重要です


最後のバス停らしきバス折り返し地点から先は林道。
なかなかの勾配です。



ぶっひいいぃぃ・・・;;


早くも音を上げる私。こりゃ激坂で有名なだけあるわ・・・
しかし、全長はヤビツより遥かに短い!3.5kmだけ耐えればいい!それだけ!

途中で下ってくる中年ローディーが1人いました。

勿論、「へぇ。これが有名な和田峠ねぇ。ふーん。」って感じを出し、超辛いもう辞めたい という気配を消してニッコリ挨拶。


その直後・・・


ガツッッ!!!ガシャーーーン!



・・・落車しましたww登りで。

引き手に力を込め過ぎたのか、前輪が浮き、そのままバランスを崩す。
そしてビンディングペダルを咄嗟に外し、足を着こうとするも間に合わず、そのまま転倒。
落車というか、普通にコケましたw



うーわ。足ついちゃったよ。てか、車体大丈夫かな;;



もうね。激萎えw
1、2分車体のチェックをしながら息を整えました。
幸い、車体には異常なし。

足を着いてしまったこととライディング技術の未熟さを悔やむ。

けど、耐えてペダルを回せば・・・



d0240609_21201589.jpg




一度足を着いたものの、到着!
タイムは・・・



d0240609_21204940.jpg





31分55秒

帰ったら、TTのサイトでも探してどんなものか見てみよう!


和田峠の山頂には誰もいなく、売店もしまってました。
体を休めたら寒くなりそうなので、写真を撮ってそのまま相模湖側にダウンヒル。

相模湖側が意外と長い!!
そして、つま先が凍っているかのように感覚がない!

どこか暖かい場所に入って飯でも!
というわけで急ぎます。



ででーん。




d0240609_21245415.jpg





相模湖。車では何度も来ているけど、自転車だとなんかちょっと新鮮。
すぐ近くにガストを発見。すぐさまピットイン。




d0240609_2126440.jpg





ででーん。やはり洋食より和食やな。
勿論、糖分も摂取しておく!
レーパンモッコリ野郎が一人ファミレスで一人スイーツ!



d0240609_21271183.jpg





美味い。

小一時間居たでしょうか。その間、ずっとつま先を揉んで回復を待ちます。
しかしながら、一度冷え切ってしまった指先はなかなか元に戻らず。
全快とは行きませんが、それなりに動くようになってきたので、ひたすらにペダルを回す。

先ほど揉んだのが良かったのか、ビンディングシューズのつま先側を少し緩めて履いたのが良かったのか、帰路はそこまで冷えず。感覚もなくなることはありませんでした。

城山ダムを見てから帰ろうと思っていたのですが、何故かコースミス。結果、また何度かプチヒルクライムをするはめにw

iPhoneで調べ直し、無事に上溝に到着。ここまで来ればもうわかります。
お家と風呂が待ってるぞー!



そして、帰宅。早速和田峠TTのサイトを物色。


17分を切れないと遅い・・・


目を疑いましたw30分台なんて誰もいません!wwwww
俺、そんなに遅かったか・・・確かに、10km/h以上は出せなかったけど、マジかよ・・・

げんなりしましたが、なんと、TT開始位置が全然違った!


ふれあいの里を過ぎて左折する交差点が始まりだと勝手に思っていましたが、バスの折り返し地点がスタート地点だったようです。



d0240609_2135497.jpg





これは、また攻めに行って再度TT挑戦しなくては!
自分の感想としては、緩やかだけど長いヤビツより、勾配はあるけど距離の短い和田峠のほうが好きかも。


そして。
ついに。
先程!



d0240609_21372376.jpg





じゃーん。届きました!CatlikeWhisperPlus
今まではスノーボード用のヘルメットを流用していたのですが、先日ネットでこいつを見つけて一目惚れ。
届くまで3週間位かかりましたが、海外で在庫がありました。

順調に散財しています!w


早く暖かくならないかな。わくわく。


本日の 走行距離:113km  平均速度:22.2km/h 
[PR]
by nyocotan | 2011-12-22 21:49 | 自転車のこと。
決戦の日。
2011年 12月 07日
こんにちは。本日は12月7日。
ついに私がロードバイクを手にしてから1ヶ月の日!やったね!

そして、ヤビツ峠デビューの日です。
神奈川県在住のローディーならば、ヤビツは必須かな!とのことなので、行きました。
先日のビンディングペダルへの交換はこの為です。
峠をやるなら、ビンディングじゃないとキツイ。


さて、早速ですが、写真と共にご報告をば。

今回のルートはこちら。



d0240609_20433629.jpg





自宅からヤビツの往復です。
中原街道(R45)→用田交差点→長後街道(R22)→R246 といったなんともセオリー通りの道。
朝10時過ぎに出たのですが、車通り 特にトラック が多くて恐ろしかったです。

今回は、いつもお世話になっているきーぼーさんと伊勢原のサイゼリアで待ち合わせ。
私がドリンクバーで永遠とメロンソーダを飲んでいると・・・来ました。

・・・ん? 遅れてきたきーぼーさん・・・なんだか様子がおかしい・・・
なんと、前後輪パンク+ドリンクボトル紛失という涙目な状況になっていたそうで、パンク修理をしていたそうな。・・・おいおい。ヤビツ大丈夫か?


チョリソーを食って気を取り直し、、名古木交差点を目指します。


・・・なんだよ・・・この坂。聞いてねぇよ・・・


そうです。名古木に至る246。ダラダラダラと長い坂があるじゃありませんか。
くっ。ヤビツのために足を取っておきたいのに!じわじわ消費している!w
やっとこさ名古木へ。



d0240609_20525572.jpg




・・・ここか・・・。タイムアタックはこの交差点からって言われたな。


おし。行くぞ。



並んで走るのも良かったのですが、デビューのタイムはソロで測ったほうがいい気がして、きーぼーさんとは時間差スタート。
先ずは私が出発することに。
腕時計のストップウォッチを押す。

・・・ぴっ。



おっしゃあああ!登れ登れ登れ!!!回せ回せ回せ!!


まさかのスタートダッシュです。
素人丸出しで登ります。

・・・そういや、信号が2つあるらしいな・・・
おっ!青だ!!回せ回せー!



1つ目の信号は引っかからずに進めました。
そして、2つ目の信号も青!
勢いで回します。


・・・ぜぇはぁぜぇはぁ・・・


まさかの息切れです。
きっと、信号のために息切れする人は素人です。はい。


しかも、この後、すっげぇ登りでやんの!
まだ山道っぽくないのに・・・道路の両脇には民家があります。
けど、すっげぇ坂。


・・・ば、ばかじゃねーの?!ww


ヤビツ峠を最初に自転車で登った人・・・何考えてんだよ・・・
ヤビツ峠の中で、一番きつかったです。この最初の激坂。


目標は50分台だったので、ストップウォッチとサイコンをチラチラ見ながら進みます。
途中、対向車線からセダンに乗ったおっさんが「おおおう!がんばれー!」と激励してくれました。
なんとも優しい!


そして、展望台?と浅間神社(こんな所に神社作って誰がお参りに来るんだよ・・・と思ったw)を過ぎ、標高も上がってきた雰囲気。

すると・・・



おつかれさんでーすっ!



なんと、10数名の団体ローディーが下って来るじゃありませんか!
くうぅ~!俺も下りてぇ!!
キツそうな姿を見られちゃかっこ悪い!と思い、前を向きケイデンスを上げます。


・・・けど、それがいけなかった・・・


そのあとマジ辛い。
回らない。
オナラが出そうで出ない。


・・・けど回すしか無いんだ!

今日の教訓は、立ち漕ぎしてもいいけど、立った時はペダルの回転を止めちゃダメということ。
ちょっと休むと回し始めが本気で辛い。ケイデンス落とすのはいいけど、0にしてはいけない。
これを痛烈に感じました。

そして、ランナーズハイ的な感じになってきた頃・・・遠くに「ヤビツ峠なんちゃらなんちゃら・・・」という大きな看板が見えてきました。

やっと!やっと着いたのです!


おっしゃあああ!!



ヤビツの標識?の前に行き、ストップウォッチを止めます。




d0240609_21175334.jpg





50分20秒・・・。14km/h


50分台が目標だったので、申し分ない!けど、あと20秒早かったら・・・40分台!悔しい!
その悔しさは次回晴らすことにします。

とりあえず記念にパシャリ。




d0240609_21194721.jpg





きーぼーさんも無事到着。

いや~過酷だね。なんて会話をしながら、そそくさと下る準備。
峠は本気で寒い!
登山用のレインウェア上下を持ってきて正解。
ただ、足の爪先も激寒。シューズカバーも冬は必要なんですね。寒かった・・・。

落ち葉とややウェットな路面に注意しながら、スピードを出さずに下ります。
途中、展望台に寄りましたが、太陽の素晴らしさを実感。

暗くなるのも嫌なので、伊勢原のマックで防寒具を脱ぎ、少し腹ごしらえをし、帰路に。



d0240609_2124357.jpg




ビックマックが200円でした。やすいw



初ヤビツは目標も達成できて、これからのタイムアタックも楽しみになって来ました。
ただ、来年のMt.富士ヒルクライムは24kmという話。ヤビツの倍です。どうなることやら・・・

近いうちにまたチャレンジします!




本日の 走行距離:84.8km  速度:自宅~名古木24.3km/h 名古木~ヤビツ峠14.0km/h ヤビツ峠~自宅24.5km/h 平均速度:20.9km/h 
[PR]
by nyocotan | 2011-12-07 21:35 | 自転車のこと。
ヘッドラーイト テールラーイト 旅はまだーおわらーないー。
2011年 12月 05日
今日はパーツの話。

贅沢な自転車を手に入れ、早くも1ヶ月。
Odometerは520kmを記しています。
1ヶ月で500km・・・いいペースなのかどうなのかわかりませんが、超楽しいです。

そんな私の自転車ライフをもっと楽しくするであろう憎い奴。




d0240609_355779.jpg





Time ICLIC RACER
でございます。
コンポがカンパで揃っているので、ビンディングもカンパで!

・・・と思いましたが、カンパのビンディングは高すぎて手が出ませんでしたw
なんかシマノも気が乗らなくて、フローティング型のTIMEに。




d0240609_315373.jpg





ありがとう。1800円のペダルよ。500kmご苦労であった。
また日の目をみることもあるだろう。その時までさらば!




d0240609_315485.jpg





ちなみに、ビンディングシューズはbontrager RL Road
TREKの車体では無いですが、まぁそこまで拘る必要も無いか・・・と思い、購入。




d0240609_323319.jpg





ペダルを変えてすぐにでも試し乗りに出かけたかったのですが、0時を過ぎていたのでやめ。
7日にツーリングの予定なので、そこでのレポートを更新予定です。


いやー。こんなに金使うとは・・・!
[PR]
by nyocotan | 2011-12-05 03:26 | 自転車のこと。