カテゴリ:撮影のこと。( 15 )
2013年8月 ペルセウス座流星群@伊豆にて。
2013年 08月 15日

8月13日、仕事から帰り、インターネットをしているとこんな記事が目に入った。

「ペルセウス座流星群 13日深夜 ピークに。」

うおおおい。明日仕事じゃねーかよ。けど見たいよ!
ということで、14日はウズウズしながら出勤し、15日はお休を頂いた。

ピークを過ぎた14日の深夜(日付的には15日)、カメラ片手に家を出た。



場所は 伊豆 達磨山付近


西伊豆スカイラインには路肩の駐車場スペースが多く、走行車の邪魔にならずに写真を撮ることが出来る。
到着時刻は2:30。夜明けまで写真を撮る予定。





d0240609_18524462.jpg

Canon EOS50D+EF28mm f/1.8
ISO:640 Tv:30s Av:1.8

北西の空







d0240609_18363082.jpg

Canon EOS50D+EF28mm f/1.8
ISO:1250 Tv:14s Av:1.8

天の川







d0240609_18373787.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:1250 Tv:22s Av:2.8

左端にやっと流れ星写り混んだ!

ピークを過ぎて尚、流星は結構見られる。5~10分に1度といったところか。
ただ、問題があり、ペルセウス座の位置がわかっていなかった(汗)








d0240609_18525968.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:160 Tv:572s(約10分) Av:2.8

偶然写った北極星。ただ、位置が悪い。








d0240609_18532216.jpg

Canon EOS50D+EF17-35mm f/2.8 L
ISO:100 Tv:1781s(約30分) Av:5.0

車の窓から手を伸ばし、レリーズスイッチを押し、30分寝て撮った写真。
流石に眠かった。
もうちょっと構図に余裕があれば!・・・悔しいがこれも一興と思うことにする。



4:00 明るくなってきたので、撤退。




流星はあまりカメラに収められなかったものの、割と家から近場でこんなにも星を楽しめるんだなぁ。と感動。
また、西伊豆スカイラインは「道」自体がとても良く、自転車もさぞかし気持ち良いであろう。これからもお世話になりそうなスポットである。

夜景や天体の写真はあまり経験が無いが、今後はもっと下調べをしてリベンジしようと思う。
赤道儀?買っちゃう~?



これで僕のお盆休みは終わり。有意義だ!
[PR]
by nyocotan | 2013-08-15 18:55 | 撮影のこと。
湯河原 新崎川・中尾沢 柱状節理の滝へ
2013年 05月 28日
皆様お疲れ様でございます。梅雨入り前の暑い時期、如何お過ごしでしょうか。
私は湯河原新崎川という川にあります「柱状節理の滝」と呼称されている滝を見に行きました。

まず、柱状節理とはなんぞや。という事ですが・・・

柱状節理・・・岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状のものもある。玄武岩質の岩石によく見られ、マグマの冷却面と垂直に発達する。
(出展:Wikipedia 節理 

とのこと。滝を形成する岩盤が上記のような形をしているわけです。それを目指すために、川の中を歩き、沢を遡ったと言うことです。


ヤマレコにはルート等を載せましたので、是非御覧ください。
湯河原 新崎川・中尾沢 柱状節理の滝へ [山行記録] - ヤマレコ


幕山公園というところまで車で行き、行動開始は9:00。



d0240609_22272197.jpg



InstaWeatherというカメラアプリで撮りました。撮影場所のGPS情報から、気温や風速、湿度などの情報を取り入れてくれるアプリです。
靴は釣り用のフェルト靴。



d0240609_22302779.jpg




沢!IN!




d0240609_2231488.jpg



ぱしゃり。この場所でまずカメラを出しました。
小さな流れ込みの脇にひっそりと苔の生えた石が魅力的。
一眼で撮るとどうなるか・・・
↓ こうなります。




d0240609_22315843.jpg

CanonEOS50D+EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:1.3s Av:22




この日は沢登りの人にも釣り人にも合わず、しかも一人での遡行だったのでなんだか寂しかったですw
大きな岩の上でのんびりしてみましたが・・・やっぱり誰も遡行してきたりしませんw



d0240609_22361035.jpg




完全マイペースになれるからいいか!と開き直り。



d0240609_22372035.jpg




撮影風景。

どんどん撮ります。
↓ こんな感じになりました。





d0240609_2237483.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:0.8s Av:20





1箇所での撮影に掛ける時間はおおよそ30分ほどなので、なかなか前に進みません。



ゴルジュも出てきます。



d0240609_22401714.jpg



このゴルジュ帯を抜けたところに綺麗な滝が!




d0240609_22404027.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:15s Av:22





d0240609_22415017.jpg

CanonEOS50D+EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:1/250s Av:1.8





d0240609_22425487.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:1/5s Av:4.0





結論から言いますと、柱状節理の滝にたどり着けませんでした!!


単独での遡行+初めての沢だったため、撤退時間を13時と、早めに設定。
また、魅力的なロケーションが多く、思ったよりも前進できませんでした。

今回はロケハンも兼ねて、沢の様子見ということにして、本命:柱状節理の滝はまたの機会に持ち越します。
6月の中旬までには行けたらいいな。絶対リベンジするぞー。

この沢はヒルにも食われなかったし、ブヨ等も気になりませんでした。虫はクロアゲハとイトトンボ、ガガンボ、カゲロウ数種類、アサギマダラが目立ちました。豊富な生態数です。滝や沢の様相のみならず、沢に暮らす生き物も非常に美しいので是非足を運んでみてください。
もちろん、滑る箇所もありますので、沢登りの装備は忘れずに。

安全第一で自然に楽しませてもらいましょう!これからの時期も楽しみ!
[PR]
by nyocotan | 2013-05-28 22:56 | 撮影のこと。
京浜工業地帯 夜景撮影
2013年 05月 06日
GWは割りと遊び尽くしています。どうもこんにちは五月病を応援する会会長です。


今回は写真の記事です。扇島周辺の工場へ写真撮影に行きました。
場所の詳細は、カメラ仲間に連れて行って貰った為、把握しきれず;;

では早速、載せますね。

カメラ:Canon EOS50D
三脚:Manfrotto 055XB




d0240609_132112.jpg

LENS:EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:10s Av:6.3






d0240609_13351499.jpg

LENS:EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:5s Av:2.8






d0240609_13364454.jpg

LENS:EF17-35mm f/2.8L USM
ISO:100 Tv:10s Av:2.8






d0240609_13382583.jpg

LENS:EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:20s Av:4.0






d0240609_13395570.jpg

LENS:EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:6s Av:2.2






d0240609_13513254.jpg

LENS:EF85mm f/1.8 USM
ISO:100 Tv:3.2s Av:1.8





・・・とまぁ。EF85mm f/1.8 が大活躍なんです。
EOS50DはAPS-C機なので、実質85mmではなく、130mm位の画角です。トリミングはあまりしていません。
そして何よりも、ゴーストが多い!
フレアはまぁ撮る位置でカバーできたりしますが、これだけ直接光源があるとゴーストは仕方ないのかなぁ・・・という感じです;;ゴーストはレンズの枚数を少なくすると減少するのでしょうかね・・・ちなみにEF85mm f/1.8は7群9枚ですので、少ない方の部類に入るかと思います。
あと、感じたことは、天体夜景と違って、周辺の光源がかなりあるので、時計や水平の確認は非常に行い易いです。

初めて工場撮影をしましたが、かなり楽しいです。ハマりそう!
ちなみに最後の写真は場所をちょっと変えて、本牧の丘の上です。
ぼちぼち出向いて行こうかな、と思います。ではまた。
[PR]
by nyocotan | 2013-05-06 14:14 | 撮影のこと。
家から5秒の撮影会
2013年 04月 04日
ダルビッシュ投手完全試合?!とニュースで流れ、普段野球を観ない私が急いでTVを付けました。ちょうど、8回2アウト。最後の打者にピッチャー返しを食らい1ヒットを許す場面でした。残念。それは昨日の話。

本日は貴重なお休を頂き、午前中に起きたら久しぶりに自転車でも乗ろうと思っていましたが、起きたのはなんと14時。なんて残念な1日の始まりなんだ・・・
されど何もしないのも釈然としないので、写真を撮りに行くことに。家の前のカエデが花をつけているのが気になり、とりあえず撮る。

・・・難しい!

素朴な小枝は穏やかな風にも煽られ、なかなか定まりません。

・・・うん。今日はどこにも行かないで家の前で写真を撮ろう。
と、まぁタイトルはそういうことです。はい。

カエデ 思い浮かべるのは紅葉をした赤い葉ですが、この時期に花が咲くんだなーと関心。家の前なんてあまり気を留めませんが、見回して見るといろいろな草花が咲いています。



d0240609_19534862.jpg

EOS50D+EF28mm F1.8+CloseUPフィルター
ISO320 Tv:1/200 Av:1.8 補正-1/3



シデ
d0240609_2001496.jpg

EOS50D+EF28mm F1.8+CloseUPフィルター
ISO320 Tv:1/125 Av:1.8 補正-1/3



マクロレンズ、使ってみたいですなー。クローズアップフィルターだとどうしても変なぼやけが出ます。硬調な写真がすきなので、首をひねることが多いです。



アケビ
d0240609_2025426.jpg

EOS50D+EF28mm F1.8+CloseUPフィルター
ISO400 Tv:1/125 Av:2.2



綺麗な紫色の花を咲かすんですね、アケビ。実がなっているところを観たことありませんが、これはイチョウの木のように雄の木と雌の木があるのでしょうか。
ちなみにピクチャースタイルはVelvia50bを意識して設定しています。コントラストとシャープが強めで、アンダー気味に映ります。




スノーフレーク(鈴蘭水仙)
d0240609_2083170.jpg

EOS50D+EF28mm F1.8+CloseUPフィルター
ISO100 Tv:1/100 Av:2.5 補正-2/3



こちらもピクチャースタイルはVelvia50b かなりアンダーに撮りました。PCモニターによってはぜんぜん違う色味で出てしまうかもしれませんが、悪しからず。その点は銀塩にかなわないですねさすがに。
普通の鈴蘭とはちょいと違うな。と思っていましたが、調べたらやはり違う種類でした。スノーフレークと言って、彼岸花科と言っている学者さんも居るようです。花弁に緑斑点があり、鈴蘭に比べてスレンダーなのが特徴。綺麗ですね。

違うピクチャースタイルで撮った同じ被写体。


d0240609_20144939.jpg

EOS50D+EF28mm F1.8+CloseUPフィルター
ISO100 Tv:1/125 Av:1.8 補正+1/3



Velviaに比べ、リアルカラーに表現できてます。同じ露出で撮っていないので厳密には比べられませんですが、随分印象も変わりますね。僕はVelviaチックのアンダーな写真のほうが好み。

皆様はどうでしょう。比較しやすいように若干トリミング等しました。色は弄ってません。ご意見頂けたら嬉しいな。


d0240609_20305688.jpg




と、「午前に起きたら自転車に乗る」という目的とは全然違う休日を過ごしましたが、家から5秒歩いただけでこんなにも世界は広がっているんだなぁ。としみじみ。どこか遠くに写真を撮りに行こう!もちろんこれも素晴らしく楽しいでしょうが、灯台下暗しなことも多いと気付かされます。写真だけではなく、何事にも言えますよね。
そういう感覚を大事にしたいです。貴重な休日の午後でした。それではまた。
[PR]
by nyocotan | 2013-04-04 20:43 | 撮影のこと。
関内散歩。
2013年 02月 02日
坂道でも撮りに行こうと思い立ち、横浜・山手へ。
1月の終わり。
「坂」と言えば「山手」と直結するのはどうかと思うが、間違ってはいないと思う。ジブリ映画の「コクリコ坂から」も山手が舞台らしい。

横浜に住んではいるものの、山手方面に足を伸ばすのは実は初めてである。今回はロケハン要素が強かったため、三脚はお留守番。
と言うのも、午後一番に職場の健康診断が関内であり、大げさな荷物は持って行けなかったのである。

iPhoneで地図を見ながら進んでいると



d0240609_17185924.jpg




根岸森林公園
フレアMAX!
こんな公園があるとは・・・知らなかった。しかも・・・



d0240609_1720851.jpg




なんという立派な建造物!これは1900年代頭に建てられた競馬場の観覧席らしい・・・



d0240609_172158.jpg





d0240609_17355218.jpg



中は立入禁止。有刺鉄線が張られています。



d0240609_17363456.jpg

CanonEOS50D+EF28mmF1.8


最近EF17-35mmF2.8Lばかり使ってEF28mmF1.8は眠っていましたが、久しぶりに使いました。
いやー、シャープですね!と言うか、17-35の方はムラがあり過ぎますw良いレンズなのですが、いかんせん10年前のレンズ・・・最近のレンズと比べてはいけませんね。
EF16-35mm F2.8L Ⅱ が欲しいのですが・・・如何せんポロッと出せるお値段ではありませんからね;;前期モデルでいいのです。(と今のところは思い込むようにしてますw)



d0240609_1749211.jpg




公園をあとにし、根岸駅方面へ・・・と思いましたが、まだぶらぶらすることに。



d0240609_1750441.jpg




そりゃ競馬場跡地なんだから博物館の一つや二つありますよね。



d0240609_17503522.jpg




綺麗ですね。



d0240609_17515836.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mmF2.8L
モノクロ処理


ふと「銀塩モノクロフィルムで撮りたいなぁ」と思った場所です。帰ってすぐにモノクロ処理しましたw
デジタルのモノクロは表面だけのモノクロで、味気ないですが・・・
高校の時はネオパンやらプレストが部室にどっさり転がっていたので撮りまくりましたねw汗だくになりながら現像室に篭って現像・・・いい思い出です。



d0240609_1757776.jpg




西日が当たって禍々しい感じの木。実際には頭上の木でカラスもかなり鳴いていて雰囲気+αでした。


撮影に夢中になりすっかり夕刻に。

根岸駅へ向かう途中にあった階段。まるで登山道です。こんな感じで5曲がりくらい折り返します。



d0240609_1804964.jpg




こちらもモノクロ処理。崖に無理やり階段を作ったかのようなところでした。無言でパシャパシャ撮っていると買い物袋を下げたおばさんが・・・

おば「あら・・・何か珍しい鳥でもいるの?」
私「いえ・・・珍しい階段がありますね。」
おば「あらそう?!毎日通ってるから珍しいなんて思わなかったわ。この辺は鳥もいっぱいいるのよ!」
私「(・・・どうしても鳥の話に持って行きたいみたいだなww)へ、へぇ!そうなんですか!どんな鳥が?」
おば「ええとねぇ、メジロやヒヨドリ、ムクドリなんかはもちろん来るし他にも・・・」



10分くらい話してましたw
見たことない鳥を見つけたら家に帰って野鳥図鑑で調べるようです。いいですね。自分も老後になってもそういう心の余裕や探究心を持っていたいです。

階段を降りきると・・・



d0240609_1814618.jpg




地崩壊危険区域wwwおばさん逃げてー!!ww

確かに落差3,40mは階段で降りてきた気がします。
そんなこんなで関内-根岸散歩はおしまい。



d0240609_18171752.jpg




ホントは地図右下に水色で示した根岸製油所の夜景を撮れるスポットを探そうと思っていたのですが、その前に日が暮れました。次の機会に持ち越しですね。
そして、冒頭に「坂を撮りに行こう」なんて書いてる割には坂なんて一切撮らなかったというお話。
それでは、また。
[PR]
by nyocotan | 2013-02-02 18:29 | 撮影のこと。
近所お散歩。都筑区 せせらぎ公園まで。
2012年 06月 29日
天気予報では雨と報じられていましたが、晴れましたのでポタリングへ。晴れましたと言うけれど、雲は所々厚くジメッとした気候です。
さて、今回はザックに一眼レフを担いでのポタリング。サイクルフォトグラファーとして、このStyleは嫌いじゃありません。重くて背中にかく汗が不快だけれども;;(ちなみにサイクルフォトグラファーとは勝手に命名w)


d0240609_17454381.jpg




横浜市都筑区にあります「せせらぎ公園」です。今朝見た新聞の切り抜きで睡蓮が見事に咲いていると書いてあったので、見に行ってみました。
家からはずっとR45(中原街道)なので、行きやすいです。・・・途中のいくつかある坂を除けば。


d0240609_17475747.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)



こんな感じ。そこまで広くは無いですが、高齢者やお子さんのお散歩憩いの場にはちょうどいい感じでしょうか。
しかし・・・お目当ての蓮は日が昇ると花弁をたたんでしまうもの・・・すっかり忘れてたw


d0240609_1750850.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)



見えにくいかもしれませんが、ほぼ花は閉じてます。
ちょいと散策おば。


d0240609_17504815.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)



民芸館的なものがあったり。



d0240609_17511445.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)



その周りには鶏がいたり。



d0240609_17513559.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm 2.8L)



私の好きな草、トグサがあったり。



d0240609_17515526.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm 2.8L)



ウシガエルがいたりします。・・・わかるかな?w



白い可憐な蓮。



d0240609_17532589.jpg

(Canon 50D + EF85mm F1.8)



d0240609_17533246.jpg

(Canon 50D + EF85mm F1.8)



鯉と一緒に。


d0240609_1754090.jpg

(Canon 50D + EF85mm F1.8)



d0240609_17541931.jpg

(Canon 50D + EF85mm F1.8)


COLUMBUS ・・・コロン蓮・・・なんつってね。


家を出発した時間がもう13時を過ぎていたので、一番暑かったのかな。影も伸びない時間帯でした。
帰りは鶴見川サイクリングロードに出てのんびり走る。



d0240609_17562198.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)




d0240609_17562711.jpg

(Canon 50D + EF17-35mm F2.8L)




途中、見事な紫陽花垣根が。紫陽花は横浜じゃそろそろ色も落ちてきて見頃は過ぎたかな。山の方に行けばまだまだ見れるでしょうか。



d0240609_1864510.jpg

(iPhone)↑今回持っていった機材

重いカメラを持って、ポタリングするのも一興。是非。


本日の 走行距離:31.3km  平均速度:20.7km/h
[PR]
by nyocotan | 2012-06-29 18:16 | 撮影のこと。
Canon50D + EF28mm F1.8 + Kenko CLOSE-UP No3
2012年 06月 20日

ファインダーから四季を感じろ。

家訓です。・・・今私が作りました。

さて、最近は仕事の都合で早朝に寝ることも多く、今回もその限りです。
台風一過の翌日は、いい写真が撮れる。この私のジンクス通り、庭の紫陽花でも撮りに行きます。丁度いい色をしてるなと思っていたのです。
使用した機材はタイトルの通り。三脚は Manfrotto 055XPROBジョイスティック雲台 324RC2 を使用しています。



d0240609_6585766.jpg

ISO100 Tv:1/80 Av:2.8 補正+1/3







d0240609_703143.jpg

ISO100 Tv:1/50 Av:2.5 補正-1/3







d0240609_712896.jpg

ISO100 Tv:1/20 Av:5.0 補正+2/3







d0240609_722318.jpg

ISO100 Tv:1/60 Av:3.2 補正+1 1/3







d0240609_732084.jpg

ISO100 Tv:1/100 Av:2.2





総てトリミング・色修正無しです。
久しぶりに広角単焦点を使いましたが、やはり綺麗ですね。この日は風も強く、シビアな焦点の写真には向いていない天候だったので、苦労しました;;
もっと寄ったマクロ写真もそろそろ撮りたいなぁ。EF100mm F2.8 L MACRO でも買いたいところだが・・・まだ我慢しましょう。(というか懐事情が我慢せざるを得ない)

あとは蛍を撮りに行けたらいいな。梅雨も捨てたもんじゃない。
[PR]
by nyocotan | 2012-06-20 07:12 | 撮影のこと。
ヤビツトレーニング
2012年 06月 17日
そろそろ梅雨ですね。外に出れる天気の時は極力、自転車なり登山なりカメラなりをしたい。
と言うことで、今回は全部しました。

タイトルの通り、ヤビツトレーニングです!
すなわち、一眼レフを持ってヤビツヒルクライムをし、大山登山もします。


d0240609_1748858.jpg



・・・これ、結構重いんだけど。大丈夫か?
今回は一眼レフも持って行くため、写真を撮りながらのんびり楽しむ予定。アベレージとか気にしないぞ!
パッキングをしながら気づいた。


ビンディングシューズじゃ登山できない!


コイツも必要だ・・・



d0240609_1751130.jpg



荷物すげぇなorz


さて。ルートはR44→R22→R246です・・・が・・・

何故か道に迷う。
どこだここー!綾瀬市役所なんて今まで通ったこと無いぞ・・・


d0240609_1815839.jpg



目久尻川サイクリングロード・・・ほぉう。行ってみましょう。
そういえばもうあじさいの季節なんだな。


d0240609_184759.jpg



カワセミを撮ろうとスタンバイしている方々も多くいました。
ただ・・・カワセミは巣を切り立った土壁に作るため、岸壁を整備するとその川にはカワセミは現れにくくなる・・・


d0240609_1215852.jpg



そんなこんなで一眼レフを出しながらとりあえず用田方面まで川沿いに行く。すると・・・


d0240609_1284247.jpg



はて。


d0240609_1293164.jpg




d0240609_1293973.jpg




電車好きが集まる見晴らし台というスポットが!新幹線が近くを通るみたいです。ならば私も。


d0240609_1392165.jpg



小さいけど撮れました!w見えますか、奥に新幹線!


さて、良い感じで脱線をしましたが、本日のメインディッシュ、ヤビツ峠に向かうため、ケイデンスをあげます。
名古木の交差点から計測スタート。


・・・速度全く上がらずorz
これが荷物のせいなのか、脚が弱いのか・・・ヤビツなのに10km/h以上出ないところもしばしば。


d0240609_2253788.jpg




はい到着ー!39分とか早い!!って思いました?残念、これは菜の花台までのタイムです。
遅すぎですwまぁしゃーない。トイレ休憩をし、先を目指します。

結局峠に着いたのは1時間超ました。そして、ヤビツ看板の前で写真撮ることを忘れるorz
菜の花台で休んだ分、汗が冷えたのか急激に腹が痛くなる;;

自転車にチェーンをし、登山スタイルに着替える。長袖持ってきて良かった。暖かい。


d0240609_2442471.jpg



しばしの別れ!盗まれるとかイタズラされるとか不安はありましたが、置いてけぼりです。ごめんよ!


d0240609_372061.jpg



実は初めての大山登山。地図で確認すると、往復で2時間程度の様子。
うむ。ちょうどいい。


d0240609_381777.jpg



鎖場とかもありました。地面はややウェットで、しっかりした土台ではないという感じ。
木製階段が続いている所が多く、登りのペースが乱されます。
平日なのに老若男女おりました。


d0240609_3103696.jpg




d0240609_3104621.jpg




鹿さんかわいそう。


到着!


d0240609_3144286.jpg




d0240609_3144874.jpg




そして、景色は・・・



d0240609_315375.jpg




べ、別に悔しくなんか無いんだからっ!
山頂で昼飯を食べ、やはり登山はいいなぁ。とふける。
車体が心配なので、急ぎ足で下りましたw

ダウンヒルなので下りも長袖着たままでちょうどいい。
距離にして80km程度ですが、疲れ方は凄まじいです;;帰り道で何度も脚を攣りましたorz
脚の全部の筋肉を使い果たした感じ;;
しかしまぁこういう楽しみ方もたまには有りかなぁなんて。輪行バッグも買ったので、この夏は忙しくなりそうです。
[PR]
by nyocotan | 2012-06-17 04:06 | 撮影のこと。
春が瞬く上野の地 尊きは此処に有り。
2012年 04月 16日
皆様、ご無沙汰しております。新年度やら何やらで多忙だったのですが、少しは旬のものを記事に致します。
タイトル通り、桜の花見・・・というか撮影に行って来ました。
上野公園は小学生の頃でしょうか、家族と行ったのが最後で、今回は2度目であります。
先日の築地・浅草ツアーで東京の魅力に気づいてしまった私。今度は上野の桜を観ようというわけです。

上野の地を踏んだのは平日。にも関わらず、まるで初詣に来ているかのような混雑。昼間からスーツで酒を溢しながら笑う、異様な雰囲気が漂っておりました。

花見客の活気に負けず劣らす・・・いや、完全に勝っています。この見事な桜並木。



d0240609_201947.jpg




すごいです。時期が良かったのか、満開になったばかりの桜を拝むことが出来ました。そして、桜並木の下には・・・やはり人。祭りです。

そして・・・



d0240609_242875.jpg





本日のベストロケーション!これぞ猫好きにはたまらない至高の瞬間。雑踏の上野公園で、こんなに和む写真を撮れるなんて!しかも、トリミング・加工無しです。
実はこの猫、こんな状況なんです。



d0240609_271577.jpg




アイドルです、アイドル。この日はレンズを1本しか持って行ってなくて・・・本当に後悔しました;;何とか人の間をくぐり抜け、広角レンズで寄らせて頂きましたよw
よく見るとこのにゃんこ、首輪をつけていました。おそらく、上野公園に住んで居る路上生活者が飼っているのでしょう。


後は、混雑の人間ベルトコンベアーのように不忍池まで出て、1周しました。この日は合計200枚程撮りましたが、時間も昼間だったので、難しい撮影になりました。もっと影の伸びる時間帯に撮りたいものです。

・・・しかしまぁいろんな人が居るもんです。



d0240609_213177.jpg




すずめじいさん。雀匠。・・・雀匠ってなんか麻雀のプロみたいな響きですねw
そして、なかなか面白い視点が出来たのがこちら。



d0240609_2143848.jpg
(上下トリミング有り)




スマホに映る桜の木。高校生の写真大会なら、入賞位は出来たのではないでしょうかね?w
最近は写真のコンクールにも出展しないので、気に入った写真も結局は眠ってしまいます;;またいろいろコンクールにでも出してみましょうかね。・・・と言っても、山岳写真のコンクールは敷居が高すぎてハイレベル過ぎますが;;

今回再認識したのは、四季を切り撮る写真はやはり面白いということ。その瞬間にしか立ち会えない旬の顔がたくさんあります。それを死ぬまでにいくつ見ることができ、いくつ考え事が出来るのか。
なんにせよ、大切にしたい瞬間は、いつ何時でも手に取れる所にあると思います。それを手に取るか否かは自分次第。

なんてね。


(写真は総てCanon EOS 50D + EF17-35 F2.8 L)
[PR]
by nyocotan | 2012-04-16 02:32 | 撮影のこと。
HDR合成。
2012年 03月 27日
こんにちは。まだ左腕の靭帯は完治しておりませぬ;;本日家の前で少しだけロードバイクにまたがりましたが、やはり痛むので、まだまだ安静のようです;;
めげてばかりも居られないので、腕の痛くならない趣味への知識を増やそうと決めた休日。

今回はカメラの記事です。
HDR合成についてです。

初めて聞く方もいらっしゃると思うので、少しばかり説明を。
HDRとは「ハイダイナミックレンジ」の略でして、何とも盛大なネーミングです。URLはWikipediaに飛ぶようにリンクしておきましたが、まぁ大雑把に言うと、一つの写真内に様々なコントラストや明るさを収納できる。ということです。

例えば・・・明るい空の写真を背景に、人物を撮ったとき、空に焦点や明るさの標準が合ってしまい、人の顔が暗くなる。けど、人の顔に焦点や明るさの標準を合わせると、空のほうが明るすぎて白飛びしてしまう。
皆様、少なからず経験があると思われます。こんな時はそう、便利なストロボ機能がで顔を照らしてあげる。そういう工夫で顔を明るく、そして背景もくっきり。なんて使い方をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、こちらで説明いたしますのは、2つ以上の適性明度を持つデジタルカメラで撮った写真をどちらの写真の適性を保ちつつ、後処理にて合成する。という技法です。
・・・なんだかよくわからないでしょう。そうです。私もついさっき勉強したばかりなのですw

では、わかりやすく写真を使って説明致します。



d0240609_21483939.jpg




この①の写真は雲に明るさを合わせた写真。他の建造物(原爆ドーム)や背景は暗すぎて何が何だか・・・という写真です。しかし、雲はなかなか迫力がありますよね。




d0240609_21495977.jpg




この②の写真は原爆ドームに明るさを合わせた写真。しかしながら、雲には明るさの適性が合っていないので、白飛びしてしまっていますね。




d0240609_21513353.jpg




この③の写真は②の写真と似ていますが、少しだけ2よりも明るいです。樹の枝も見えるくらいに明るくしてます。


この3枚の写真、雲もハッキリと撮したいし、原爆ドームもハッキリと撮したい。
そんな時にHDR合成というものを使うと面白い1枚が出来るのです。
しかし、ここで注意点が。どんな写真でも出来るというわけではありません。同じ位置から撮った複数の写真が必要です。
したがって、三脚は必須ですね。しかしながら、私はこの3枚の写真を練習用に1枚の写真から作っています。明るさ補正でそのポイントにあった明るさに変えているだけです。
・・・まぁ言ってみたらこの記事内で説明しているのは「偽HDR合成」なのかもしれませんw

では、その3枚の写真をHDR合成したらどうなるのか。



d0240609_2159410.jpg




こうなります。非常に違和感のある写真ですが、絵画のようにも感じられますよね。雲に迫力が出て、原爆ドームにも明るさは合っています。(アンダー気味に調整)
非常に面白い。この技法を使って町並みをジオラマのように撮ったり、もっと加工してホントに油絵のようにしている写真もあるようです。HDR合成は「写真ではなく、イラスト」と思ったほうがいいかもしれませんね。

・・・ここまで書いていて言うのも何ですが・・・僕は銀塩カメラ派です!w  8年ほど前までは暗室に籠もり、モノクロ写真と格闘していた人間です。
最近では便利さと金銭面の楽さから、専らデジタルカメラなので、銀塩派を名乗る資格はないかもしれませんがね;;
まぁ今回は「面白い写真技術のご紹介」ということで、この記事を書きました。

ちなみに、使っているのはPhotoshopPhotomatixという写真編集ソフト。最近のPhotoshopには最初からHDR合成機能が付いているらしのですが、僕のは古いやつなので、ついてませんw Photomatixは体験版のFreeの物を公式からDLしました。面白いのでぜひとも興味の有る方は使ってみてはいかがでしょうか。
HDR合成やPhotomatixについてはこちらのサイト様が私よりも詳しく丁寧に教えて下さっていますので、参照するのもいいかもしれません。

HDR合成・・・なかなか面白い遊びを見つけた春の有意義な休日でした。(ホントは外に行きたいんだよっ!)
[PR]
by nyocotan | 2012-03-27 22:18 | 撮影のこと。