奥多摩 日原川支流 フライフィッシング
2013年 05月 05日
GW後半戦。混んでると分かりながらも、関東圏内の河川へ。
メンバーは2人。

選んだのは奥多摩
家を3時に出て、入渓が6時半。
沢登りなどでは有名らしい川。初めて入る川ということもあり、遡行に不安だったので、一応スリングやロープ、ガチャ類を持っていく。



d0240609_12193350.jpg




14番ブラウン系パラシュートから始める。


竿を出して30分ほど ・・・なーんも反応無し!

水温を測ると・・・なんと8度!
ちょっとまて。さすがに低すぎだろ?!関東の・・・と言うか、東京の河川だぞ?!しかも5月!何で?!
かなり困惑しましたが、気づけば虫の1匹も飛んでいない・・・


そして、極めつけはこれである。



d0240609_12222441.jpg





・・・この沢、アカン!これアカン奴や!!




かなりビビりながらも釣り上がって行く・・・(途中、熊とか出てくるんじゃないかと、後ろをかなり振り返りましたw)

10時頃から暖かくなり、虫が飛び始めるが・・・ライズがまるで無い。

渓相は素晴らしいイワナの川!



d0240609_12301840.jpg





d0240609_12302733.jpg





d0240609_12303789.jpg






綺麗っすなぁ。

昼頃からパシャッと、かなり素早い動きでフライをつつきにくるが、フッキング出来ず・・・
きっと要因は、かなりのスレ。警戒心はものすごいです。


今日は自然を楽しもう!
なんて、釣りから逃げる思考になることもしばしば・・・
すると・・・

足元の水底を黒いずんぐりしたもぐらが素早い動きで歩いている!
カワネズミです!初めて見ました。日本の固有種なんですね、可愛い様相でしたが、調べるとなかなか激しい狩りをするみたいです。


遡行は結構疲れます。ハードです。ヘつる場所も結構ありますし、登攀要素もあります。不安な方はウェイダーではなく、沢登りの格好の方がいいかもしれません。レッグゲイターも忘れずに。コケのない濡れた岩肌も結構出てきますので、フェルトシューズも一長一短。

結局、数回フライにアタックしてきてくれましたが、なかなかフッキング出来ず・・・しかも1度アワセ切れしました・・・罪悪感が襲う。

15時の退渓ギリギリにやっと1匹!


d0240609_12412146.jpg




d0240609_12412856.jpg




20cmジャストの綺麗なヤマメ。小ぶりですが尾びれが大きくてカッコいいですね。
渓相はイワナの川なのに、釣れるのはヤマメです。漁協が無理やりヤマメ放流しました!って感じの印象を受け、若干違和感。


何かの動物の骨やカワネズミなどの自然を満喫できて幸せ。
今度はもっと上流に入渓しようかな。



おまけ。

帰りに相模原市にあります、潮中華 KAZEという二郎インスパイヤのお店に寄りました。ラーメンデータベースのURLでもリンクしておきます。



d0240609_12482965.jpg


まぜ郎 中盛(200g) ¥750-

・・・お試しあれ。
[PR]
by nyocotan | 2013-05-05 12:52 | 釣りのこと。 | Comments(0)
<< 京浜工業地帯 夜景撮影 家から5秒の撮影会 >>