狩野川水系 大見川 アマゴ釣り
2013年 03月 28日
どうもこんにちは。すっかり春めいて来ましたね。
今回は解禁明けのアマゴ釣りの記事です。と言っても解禁してから1ヶ月近く経ってますけど。

場所は伊豆半島中央部、狩野川。その支流、大見川でございます。実は昨年も同じ時期に来たのですが、風が強かったこともあり、釣果は出ませんでした。今回は穏やかな風ですが・・・寒い!

気温は10度ほど、水温は12度。
まぁ日が登ってくれば暖かくなるでしょう。という感じ。


d0240609_19392257.jpg



8時半、開始。


午前中にライズはほとんどなく、まだフライじゃ早いのかな~といった印象。
フライに反応してくるのは小さいハヤが目立ちました。あいつらホント元気。
昼過ぎ頃にやっと1匹。


d0240609_19431755.jpg



23cmほどのTHE放流魚って感じのアマゴさん。出たのは#16のライトケイヒルでした。さすが王道。
一番魚の反応が良いのが13時~14時でした。やはりまだ初春ですね。魚も寒いようです。
カディスよりもメイフライのほうがしっかり出てくれて、この日はずっとライトケイヒルやクリーム・白系のパラシュートを使いました。大きさは#14と#16しか使いませんでした。


d0240609_1949092.jpg




d0240609_19483871.jpg




昼ごろの時間帯で5尾釣れました。最初に釣れたのが一番大きかったかな。次にこの朱点の鮮やかなアマゴ。大きさは20cm位。フライを食らうときに、あまりにも赤が目立ったので「ん?!ウグイの婚姻色が出てるのか!?」なんて思いました。
夕刻までちょくちょくアタリはありましたが、フッキングの勢いでそのまま空中に飛び上がってしまうサイズの魚ばかり。最近はイワナばかり狙っていたせいか、合わせのタイミングと力加減に手こずりました。


しかしたのしいですね。狩野川は5月頃になると鮎釣りが盛になるため、トラウト釣りはできなくなる特殊な川です。タイイング技術も向上させつつ、また来たい川です。


余談。
帰りに「もかすけ」というラーメン屋さんで塩とんこつラーメンをご馳走になって帰りました。あっさりだけど豚骨!なかなか美味しかったです。
どうぞ、食べてみて。

d0240609_19591337.jpg




年度が変わりますが、仕事の合間を縫ってしっかり遊んでいきましょう。ではまた。
[PR]
by nyocotan | 2013-03-28 20:01 | 釣りのこと。
<< 家から5秒の撮影会 地蔵岳(鳳凰三山)登山 (20... >>