関内散歩。
2013年 02月 02日
坂道でも撮りに行こうと思い立ち、横浜・山手へ。
1月の終わり。
「坂」と言えば「山手」と直結するのはどうかと思うが、間違ってはいないと思う。ジブリ映画の「コクリコ坂から」も山手が舞台らしい。

横浜に住んではいるものの、山手方面に足を伸ばすのは実は初めてである。今回はロケハン要素が強かったため、三脚はお留守番。
と言うのも、午後一番に職場の健康診断が関内であり、大げさな荷物は持って行けなかったのである。

iPhoneで地図を見ながら進んでいると



d0240609_17185924.jpg




根岸森林公園
フレアMAX!
こんな公園があるとは・・・知らなかった。しかも・・・



d0240609_1720851.jpg




なんという立派な建造物!これは1900年代頭に建てられた競馬場の観覧席らしい・・・



d0240609_172158.jpg





d0240609_17355218.jpg



中は立入禁止。有刺鉄線が張られています。



d0240609_17363456.jpg

CanonEOS50D+EF28mmF1.8


最近EF17-35mmF2.8Lばかり使ってEF28mmF1.8は眠っていましたが、久しぶりに使いました。
いやー、シャープですね!と言うか、17-35の方はムラがあり過ぎますw良いレンズなのですが、いかんせん10年前のレンズ・・・最近のレンズと比べてはいけませんね。
EF16-35mm F2.8L Ⅱ が欲しいのですが・・・如何せんポロッと出せるお値段ではありませんからね;;前期モデルでいいのです。(と今のところは思い込むようにしてますw)



d0240609_1749211.jpg




公園をあとにし、根岸駅方面へ・・・と思いましたが、まだぶらぶらすることに。



d0240609_1750441.jpg




そりゃ競馬場跡地なんだから博物館の一つや二つありますよね。



d0240609_17503522.jpg




綺麗ですね。



d0240609_17515836.jpg

CanonEOS50D+EF17-35mmF2.8L
モノクロ処理


ふと「銀塩モノクロフィルムで撮りたいなぁ」と思った場所です。帰ってすぐにモノクロ処理しましたw
デジタルのモノクロは表面だけのモノクロで、味気ないですが・・・
高校の時はネオパンやらプレストが部室にどっさり転がっていたので撮りまくりましたねw汗だくになりながら現像室に篭って現像・・・いい思い出です。



d0240609_1757776.jpg




西日が当たって禍々しい感じの木。実際には頭上の木でカラスもかなり鳴いていて雰囲気+αでした。


撮影に夢中になりすっかり夕刻に。

根岸駅へ向かう途中にあった階段。まるで登山道です。こんな感じで5曲がりくらい折り返します。



d0240609_1804964.jpg




こちらもモノクロ処理。崖に無理やり階段を作ったかのようなところでした。無言でパシャパシャ撮っていると買い物袋を下げたおばさんが・・・

おば「あら・・・何か珍しい鳥でもいるの?」
私「いえ・・・珍しい階段がありますね。」
おば「あらそう?!毎日通ってるから珍しいなんて思わなかったわ。この辺は鳥もいっぱいいるのよ!」
私「(・・・どうしても鳥の話に持って行きたいみたいだなww)へ、へぇ!そうなんですか!どんな鳥が?」
おば「ええとねぇ、メジロやヒヨドリ、ムクドリなんかはもちろん来るし他にも・・・」



10分くらい話してましたw
見たことない鳥を見つけたら家に帰って野鳥図鑑で調べるようです。いいですね。自分も老後になってもそういう心の余裕や探究心を持っていたいです。

階段を降りきると・・・



d0240609_1814618.jpg




地崩壊危険区域wwwおばさん逃げてー!!ww

確かに落差3,40mは階段で降りてきた気がします。
そんなこんなで関内-根岸散歩はおしまい。



d0240609_18171752.jpg




ホントは地図右下に水色で示した根岸製油所の夜景を撮れるスポットを探そうと思っていたのですが、その前に日が暮れました。次の機会に持ち越しですね。
そして、冒頭に「坂を撮りに行こう」なんて書いてる割には坂なんて一切撮らなかったというお話。
それでは、また。
[PR]
by nyocotan | 2013-02-02 18:29 | 撮影のこと。
<< 天狗岳(北八ヶ岳)登山 (20... 鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 part2 >>