秋の終わりに丹沢ホーム
2012年 11月 26日
前回のブログ更新から3ヶ月近く経ってるのですね・・・皆様如何お過ごしでしょうか。
私はといいますと、ここ3ヶ月ずっとゲームばかりしております。いかんですね。

さて、今回も釣りのお話。職場の先輩に連れられ来ました、近場の管理釣り場丹沢ホーム



d0240609_1345277.jpg




位置は宮ヶ瀬ダムとヤビツ峠のちょうど真ん中くらいにあります。名前はもう何年も前に知っていましたが、実際に行ったのは初めて。


「まだドライで出るかなぁ?!」


「え、エルクならなんでもごまかせますよ!大丈夫!」


なんて会話をしながらフィールドへ向かいます。



d0240609_1372972.jpg




釣り始めの時間は10時半過ぎ。今回は遅めでした。
紅葉も終わりの色になり、そろそろ霜が付くのでしょうか。じっとしてると寒いです。

ブッシュが多めのフィールドで、管理釣り場として営業している普通の河川といった印象でした。
川幅も狭いので、キャスティングに気を取られ、フライはドラグがかかり、満足の行く一投が出来ないことが多かったです。
そんな厳しい中、ちょうど13時。フライも#18まで落としてやっと1匹。



d0240609_1432461.jpg





別アングル


d0240609_1433522.jpg





尺には届かない綺麗なイワナでした。ほっそりとしていましたが、背中に金色の光沢斑?が散っているのが印象です。

リリースしてすぐに岩陰に隠れたこのイワナ、肉眼で見える位置に潜んだのでじっと見ていたところ、20分ほどで水面に上がってきてライズを始めました。
釣られた魚の警戒が解けるのには1時間くらい掛かるのかと思っておりましたが、意外と早くて驚きました。



d0240609_1574314.jpg




このピンクの箇所で1投目。ゆっくり もそ~ という感じで咥えにきました。


丹沢ホームの事務所には厨房もあり、食事をいただけます。今回は鶏肉のソテーでした。なんとも一般的な昼食wメニューには焼き魚定食なども書いてありましたが「今日は鶏肉しかないよ!」と言われました。

昼食後は16時まで竿を出すも、釣れず。結局釣果は1匹のみでした。釣った数よりも、釣る過程や環境に溶けこむのが最高に気持ち良いですね。今回も釣られたイワナが再び捕食行動に出るまでを観察できて楽しかったです。


帰りは厚木にある中華そば屋で夕飯。


d0240609_233314.jpg




店の名前は・・・なんだったっけな。先輩がラーメンランクの乗ってるサイトで調べてくれましたが、ふたりとも「う~ん。」と首を傾げる味でした;;残念。
最近家系とか二郎系ばかり食べ過ぎて中華そばの味を忘れているのかも・・・。


これからどんどん寒くなりますが、たまにはアクティブに暮らしていこう。写真もね。
ブログ記事になるようなことをしなくては・・・!
[PR]
by nyocotan | 2012-11-26 02:10 | 釣りのこと。 | Comments(0)
<< 鍋割山・塔ノ岳・丹沢山 par... 自転車が楽しくなかったり、楽し... >>