富士を北側から登る。
2012年 05月 16日
そろそろ梅雨ですね。雨のお供に、ローラー台。いかがでしょうか?
さて、6月の頭に、Mt.富士ヒルクライムという有名なヒルクライム大会があります。
私は応募をミスり、参加権は無いのですが、友人2名が出場するということで、試走に出かけてきました。

車で富士北麓公園まで行き、そこから富士スバルラインで5合目までヒルクライム。という行程。

朝7時半


d0240609_2341894.jpg



もうちょっとマシな積み方はなかったのか!
仕方ありません。3台も自転車乗ってるんですもの。

高速道路でびゅーっと富士北麓公園まで。


d0240609_2391688.jpg



組み立てます。この時、下は半袖レーパン 上は長袖インナーに半袖ジャージ。サドルバックにレッグウォーマーを忍ばせておきます。
雲行きが怪しいので、さっさと登ってさっさと温泉だ!などと話しながら、スタート。
ちなみにこの日は、横浜でも富士でも降水確率は午後から50%でした。


d0240609_23121886.jpg




スバルラインの料金所。
自転車は往復で200円でした。

スバルライン詳細
距離 :24km
標高差:1,255m
勾配:平均5.2%、最大7.8%


さて、登ります。
本日の一番の目標は、3人でトレインを組み、チームでのヒルクライムに慣れる。
優れたチームというのは、ゴールした時に全員が同じくらい疲れている事だ!
・・・と、先日観たジロ・デ・イタリアの解説者が言っておりましたw

スバルライン自体は、斜度も緩やかで、タダひたすらダラダラ登るというイメージです。
トレインの練習にはそれが調度良かったですね。
しかし、16km程登ったところで、雨がorz 天気予報でも「荒れ」と言っていたので、無理はせずに降りました。



d0240609_23195373.jpg




登頂できないのは悔しいですが、登頂は次回に持ち越しですね。
しっかし、下りが寒い。本気で寒いです。ガッタガタ震えながら下ったのは久しぶりでした。
そそくさと温泉に向かい、めろ~んされます。


d0240609_23343096.jpg



そのころ、横浜ではヒョウが降っていたらしい。こわいこわい。
6月のMt.富士ヒルクライムに出場する方は、気をつけて行ってきて下さい!下りは寒いですぞ。晴れますように!
[PR]
by nyocotan | 2012-05-16 23:40 | 自転車のこと。
<< 私は北上したのだ!(そして南下... B1サイズポスター用クリアパネ... >>