初・三浦半島一周。(2011・11・18)
2011年 11月 19日
"神奈川県民なら三浦半島一周は避けて通れない道だ。”

念願のロードバイクを買って10日が過ぎました。楽しすぎます。体を酷使している感じがなんとも言えません。もしかして:私ってM?

・・・ということで、やってきました。半島一周。
どうなる事かと思いましたが。いやはや、道は続いていますね。

さっそく、写真で振り返っていきます。
ルートはこちら。




d0240609_2316547.jpg






三浦半島ってでかい。


朝7:30に家を出ます。8時に自転車仲間の家に集合。
そうなんです。2人なんです!なんとも心強い!



d0240609_2255575.jpg




彼はBianchiのROMAⅡに乗っております。クロスバイクに下ハンを付けてタイヤも23Cにしているという、こだわりの愛車に乗っております。かっこいいですな!

ルートは事前に打ち合わせしておりました。打ち合わせをしていても、結構迷いましたね。iPhoneのお世話にまたなってしまいました。

まず向かったのは鎌倉の大仏。
そう、何を隠そう。私、大学の4年間は東京の方に居たものの、就職をしてからは実家で暮らして居るのです。幼少期からずっと神奈川県民もとい、横浜市民なのです。
されど、鎌倉の大仏を今まで見たことがありませんでした・・・

えー。近くに住んでるのに一見もしたことないなんて遅れてるーwwプークスクスww  とか言って、笑われるかもしれません。
それでは嫌なので、この機会に寄りました。



d0240609_234213.jpg





でかい!でかいでかい!
しかも背面は・・・



d0240609_235334.jpg





通気性めっちゃ良さそう!笑いました。

なんと、この大仏。中に入れるそうです。すごい。
操縦盤があって、選ばれし者が石版に手のひらを乗せて念仏を唱えると地響きと共に大仏が闊歩するの・・・

そんな妄想を胸に中へ。



わー!
なんとも言えぬ感じ。
「おおー。これが大仏の中かあー。へぇー。」
こんな感じ。


境内に居たタイワンリスに感動し、大仏を後にします。


一気に荒崎へ向かいます。
葉山は早朝に雨でも降ったのか、路面が濡れていました。
マンホールに注意しましょう。



そして・・・ででーん!



d0240609_2319349.jpg





この石碑があるところは自転車ではいけません。ちょっとした山道のハイキングコースなのです。
そうです。担ぎましたw
トライアスロン選手とかは車体を持って全速力で走って尚、乗るんですよね。すごいです。


ちなみに。
もし、万が一、三浦半島一周が何らかの理由で完走出来なかった場合。
「おっしゃ!やったど!」っていう写真がなくなるのが怖かったので、保険を撮りました。



d0240609_23221680.jpg





ふふふwwwwこれで膝が壊れようが肉離れ起きようが、荒崎まで行ったんだぜドヤ!って出来ます。
・・・ホントは載せる気なかったのですが、写真整理しているうちになぜか愛着が湧いて載せましたw
これは本人です。にょこです。もう11月も終わりに差し掛かっているというのに、半袖レーパンです。ちなみに、めちゃくちゃ寒かったです。上半身は暖まるけど、下半身はもう鳥肌モノ。いくらケイデンスを上げても 足あちー。 とは1度もなりませんでした。これからの時期は気を付けなければ。



半島西部を南下し続けます。目指すは城ヶ島。城ヶ島も行ったことありません。と言うよりも、おそらく三浦半島は行ったことありません。


途中のコンビニで休憩。




d0240609_23274710.jpg





サラミです。肉パワーで頑張ります。

R134からR24へ。そして城ヶ島大橋。



d0240609_2330297.jpg




すげー気持ち良い!!何という場所だ!この橋を走りながら観る景色は素晴らしい!!


ここまででちょうど12時。ナイス昼時です。
道端で客寄せをしてるお兄さんに乗せられるがまま、食堂に入ります。





d0240609_23335290.jpg





d0240609_233422.jpg






しらす丼とサザエの壺焼き。うっま。旨すぎる。
そして、眠すぎる!w程よい疲れと満腹感が眠気を誘います。駄目だ・・・ここで寝たら半島一周なんてできない・・・

外へ出ると、そんな眠気も吹き飛びました。さっむ!さむいさむいさむい!w
長時間の食事休憩で冷え切った半袖レーパン男。

体を摩りながら城ヶ崎灯台へ。



d0240609_23365973.jpg





おおー。素晴らしき建造物。美しい。


猫も出迎えてくれました。


d0240609_23373886.jpg




かわいい。こやつ、人馴れ度合いが半端ない。首根っこ掴んでも目を瞑ってゴロゴロいう始末。
なんという媚び猫。けど許す。かわいいから。



猫のもふもふに少し体も温められ、剱崎灯台を目指します。


R215に入る道で少し迷いウロウロ。iPhoneさんのお出ましです。iPhoneさんはかなりの優等生です。
おかげで無事、R215に乗れました。
城ヶ崎~剱崎。この道はアップダウンが激しかった気がします。降りたら負けだ降りたら負けだ・・・くっ!仕方ない、内側使うか・・・ガキッゴッ・・・耐えろ・・・耐えるんだ俺の太ももー!
漫画ちっくに言うとこんな感じでしょうか。
「鈴木商店と吉田商店に至る坂」私は勝手にこう名付けていますが、きっと自転車乗りなら分かる方も居るでしょうwここがキツかった。


剣崎灯台。



d0240609_23491386.jpg




眺めもGOOD



d0240609_23492967.jpg





時間に若干の焦りを感じ、観音崎を目指します。
途中、私の専門分野・アルコール依存症においては、欠くことのできない病院、久里浜アルコール症センターが。写真でも撮りたかったのですが、時間にも負われているのでスルー。次回は入ってみたいですね。

観音崎灯台入口の坂もキツかったなー。





d0240609_23502927.jpg





時間は確かこの時点で15時くらい。焦ります。せめて夕飯までに帰りたい!



必死にR16を進む。されどされど、進んでない感覚に。
そう。お腹がペコペコです。そしてなにより寒い!
空腹だと体力でないんだな・・・と認識。
コンビニに立ち寄り、抹茶ラテ・カップヌードルBIG・ファ◯チキ・スニッカーズ を食べます。・・・食べ過ぎか?

体温調節と腹の調整、この大事さを痛感できましたね。いい経験をしました。

船越町までR16でずんずん。そこからR24で逗子駅まで。
しかし、ここでも迷う迷う。挙句の果てにR311でまさかの南下をし、R134に出るという珍プレー。(これは自宅に帰り、通ったルートを見なおして初めて気づきました。)
道を覚えることはこれから自転車を乗って行くにあたって、必須条件のようです。


R134に乗ったらこっちのものです。
ランナーズ・ハイ状態になり、すっかりと楽しい気分に。(※だが寒い)
由比ガ浜を入って境川CRというルートではなく、江ノ島まで出て、そこから境川CRで帰ることにしました。夜の海岸に見える江の島の夜景はなんとも言えぬ美しさでした。


藤沢まで来ればこっちのもの!されど、家に帰るまでが遠足。より慎重に走りました。こんなとこで事故でも起こしたら目も当てられません。


帰りには本日一緒に行った仲間が冬物のジャージが欲しいということで、サガミサイクルへ寄って、帰宅。
時刻は20時。

朝8時に出て夜8時に着きました。ちょうど12時間ですね。
迷った時間や立ち寄るポイントを改善していけば、もっと速く回れそうです。

なんにせよ、楽しかった。
初の三浦半島は疲労感も大きいけど、それ以上に充実感が優っております。
これからどんどん寒くなりますが、この趣味、自分の中でもっと広がりそうです。楽しみ^^




本日の  走行距離:153.2km   平均時間:21.0km/h

・・・それにしても走ったな。
[PR]
by nyocotan | 2011-11-19 00:16 | 自転車のこと。
<< G系ラーメン豚壱家と小田原城 茅ヶ崎あたりのモーテルにゃー夏... >>