両神山登山 紅葉刈り Part2 (2011/10/29)
2011年 10月 31日
はい。Part2です。
(Part1はこちら


東岳のピークは休憩には丁度良く、ベンチもありました。
あとちょっとで両神山頂。
もうひと踏ん張りです。



d0240609_16461572.jpg





東岳~両神山頂 はあまり険しくなく、西岳~東岳 の過酷さを振りかえるのにちょうどいいかもしれません。


そして、この日一番の最高の展望が!




d0240609_16475612.jpg





紅葉で 山自体が燃えてるみたい! とはよく聞きますが、この言葉、誇張ではないのだな。と実感致しました。
太陽の陽をいっぱいに受けた木々が眼下一面に広がります。
きっと、この週の前週でも翌週でも、同じ風景は絶対に見れません。
その瞬間で山は息をしてるのだな、と。

これだから登山はやめられないです。


ちなみに、Part1で地図に赤い円形でマーキングした箇所の紅葉です。



しばらく魅入ってしまいましたが、山頂はもう間近。



d0240609_16513452.jpg





d0240609_165143100.jpg





山頂の展望は・・・


はい。先ほどまでと比べたらそうでもありません・・・w

土曜日ということもあって、狭い山頂に30名程いたでしょうか。
清滝小屋の方から登ってくる方もたくさんいらっしゃいました。


ソロクッカーで湯を沸かし、尾西のわかめご飯(本気で美味しいです。)を昼食にします。
私はいつも尾西のわかめご飯にサラミを切って入れて食べますが、是非御試しあれ。
湯を入れる前にサラミを入れて、肉の油分と塩分を米に吸わせてます。

・・・普段は料理なんて全くしないので、そういう感じがする ってだけですが!



山頂では狭いながらも少し寝て、カメラをしまい、下山しました。




両神山 八丁峠ルートは西岳~東岳が一番綺麗かもしれません。
勿論、往復路ですから、あの岩場をまた進んでいくのですが、スリルがなければ楽しく無いですもんね!

今まで行ってきた日帰り低山の中では、このルートのしんどさが軍を抜いてるかもしれません。
1700mだからといってあなどるなかれ。


また、このルートは本当に楽しいのですが、紅葉の時期は注意して下さい。
リアルに迷います。落ち葉でルートが見えない+岩山なので浮石が落ち葉で隠れています。
ピンクのテープを随時確認して、しっかりと地に足をつけて進んで下さい。


それだけ守れば、良いトレーニングにもなり、景色を楽しませてくれる最高の山だと思います!


是非、両神山 八丁峠ルート お試しあれ!



【両神山登山 紅葉刈り Part1】へ 戻る。
[PR]
by nyocotan | 2011-10-31 17:02 | 登山のこと。 | Comments(0)
<< 海老名運動公園まで。初・ちょっ... 両神山登山 紅葉刈り Part... >>